グレープ…悪くないですね…フフ…

隣国韓国大統領のスキャンダルが、日に日に過激な通信になってきています。韓国の与党の一部からも、大統領の離党レコメンドが報道されていました。残っている任期の1ご時世4カ月を、朴大統領は全うしたいようですが、以前陳腐とも言われている人気をたたき出した目下、ずいぶん強い状態ではないでしょうか。日本のワイドショーやTVも、こういう記事を著しく取り扱っていますので、興味を持つ方も多いと思います。隣国の記事ですが、日本にも大きな影響があり、一際景気って人心地埋め合わせのネックは、深刻なレベルにならないといいのですが。個人的に気になるのは、最近の韓国政府はお日様韓同意を通じて、いわゆる従軍慰安婦ネックのクリアにかけて動き出していました。ただし、今回のスキャンダルで朴大統領の求心力は低下してしまい、これまでのような動きにはならないということです。つまり、韓国議会は今野党人気の方がマジョリティーを超えてあり、その人たちの反日的やり方が聞こえてきているからです。前年末日のお日様韓同意の無効すら話しかねません。今でも韓国国内の評価の中には、詫びと補償を漁る考えがあります。こっち20ご時世くらいの日にち、お日様韓コネクションをこじらせていらっしゃる原因の1つでもあります。しかも我が国傍はいまや、お日様韓同意において10億円を募金済みだ。また韓国傍による「ゴール身元が動かされる」についてもゼロでは無くなってしまったと言えると思います。長年のお日様韓関係の不安されているネックだけに今後の姿勢が気がかりです。